KM2013を購入したお客様のレビューを共有します

ブログはこちら→パパのあそび

 

 KM2013オススメをまとめると下記になります!!

・エアーマットなのにふくらましても厚すぎない

・外側が上がっているので落ちにくい

・耐久性はいいと思う

・コンパクトになる。

・空気を入れても逆流しない

 

【1】エアーマットなのにふくらましても厚すぎない

 

 

エアーマットは厚さ10cm(外側は13cm)

厚みがあるほうが良いと思っておられる方がおられますが私は適度な厚みがいいです。

動いてもゆれたと感じなかったですし底から冷気を感じなかったのです。

【2】外側が上がっているので落ちにくい

 

空気を膨らますと外側の部分だけが少し膨らんでいるのがわかりますか?

外側だけ13cmで中央部分だけ10cmです。

この3cmがあるだけでおちにくくなるんです。

私、寝相がわるいほうなのですが、朝起きても落ちることはなかったのはよかったです。

【3】耐久性はいい(と思う)

テントに入り口に引いたものだから子供たちに乗られジャンプされましたが無傷でした。

※マネしないようにして下さい。

【4】コンパクトになる。

キャップと比べてみました。

めちゃめちゃ小さくなります。

自動膨張のウレタン入りのマットの場合はもっと大きくなるのでこのエアーマットはだいぶ小さくなりますね。

 

3つ折りにして空気を抜いて、最後に付属のゴムバンドが2つありますので

簡単にコンパクトに収納できます。

【5】空気を入れても逆流しない

空気を入れても中に弁のようなゴムの板が入っているので単に空気は逆流しないです。

ただあんまり弁を奥にすると空気の力のほうが強く弁が戻ってこず空気がすべて抜けてしまいます。

空気をぬくときは浮き輪と違ってこの穴付近を押さえなくてもいいので便利です。