クッカー、食器、料理器具

 

ステンレスの特徴

強度があり、耐食・耐酸性に優れているので多少手荒に扱っても壊れることはありませんが、重いと言う難点もあります。ステンレスクッカーは家庭で使う鍋などと同じ素材ですが、熱伝導率が低いため焦げ付きやすいので火加減に注意が必要です。

チタンの特徴

チタンは軽さと強度が高く、素材的には一番長持ちするものになります。しかし、ステンレスに比べて値段は高くなります。チタンは融点も高いため、油を使った調理でも穴が空くことがありません。また、内容物の味を変えることが少ない特徴を持っているので、シュラカップやマグカップなどにも使われています。しかし、火が当たるところに熱が集中してそこだけ焦げやすいので注意。

ステンレス・チタンの特徴のまとめ

チタンやステンレスは熱伝導率が低い為、熱の伝わりにムラが出るので、焦げや変形等の原因になる場合があります。その為、空焚きは絶対にしないでくださいね。また薄底の鍋を使用する際は強火での調理には十分にご注意ください。