KS2013はキングキャンプ自慢のブランケットの新作です。

同シリーズのサイズ違いはKS1902があります。

 

 

 

KingCampKS2013
キングキャンプKS2013

 

他のブランケットと比べると様々なメリットを紹介させていただきます。

是非ご参考いただければと存じます。

 

まずはダウンブランケットの魅力をまとめました

 1,軽量でコンパクト

専用袋に収納すると約30×20×7cmにまでコンパクトに収納することができます。

ダウンブランケットよりも小さいサイズのブランケットと収納時のサイズを比較しても、コンパクトに収納できていることがわかります。フランケットに付いている袋に収納すると約30×20×7cmにまでコンパクトに収納することができます。

 

 

重量を実際に計測したところ、516gでした。

公式販売サイトの情報では540gと記載されています。

手に持っても重さはほとんど感じくらい軽量です。

 

ゆとりのあるサイズで幅広い使い勝手

 

成人男性が羽織っても、全身をすっぽりと覆うことができるサイズ感となっています。サイズの小さいブランケットだと下半身までカバーできずに足元が寒い…なんてことがあると思いますが、このダウンブランケットだと安心です。

全てのボタンをしっかりと留めると、寝袋代わりとしても使用することができます。

防寒性や生地の厚さは寝袋には劣りますが、涼しい季節であれば問題なく使用することができます。

寝袋のインナーとしても使用にもおすすめです。

1人用のコットもしっかりと覆うこともできるので、寝袋と合わせて使用することで防寒性を高めることもできます。

また、アウトドアシーンだけでなく、旅行や普段使いにもぴったりです。

仕事中や飛行機内でのひざ掛けとして使用したり、リビングでくつろぐ際の毛布など様々なシーンでの使用にも適しています。

以上のように、ゆとりのあるサイズ設計となっているので使い勝手がよく、幅広いシーンで使用することができるのが大きな魅力です。

ダウン生地で非常に暖かい!

表面の生地はナイロン製で、ある程度の撥水性もあるため、雨や結露で濡れても濡れにくく、乾きやすい性質を持っています。

KingCamp(キングキャンプ)ダウンブランケットを使用した感想

KingCamp(キングキャンプ)ダウンブランケットを使用して最もよかったと感じた点は「使い勝手の良さ」です。

記事前半でも触れましたが、収納性、サイズ、暖かさといった魅力をしっかりと体感することができました。

個人的にはかなりお気に入りのアイテムとなっています。

キャンプはもちろんなのですが、家の中や仕事中で使用する機会が多く、ひざ掛けや仮眠時の毛布代わりとして活躍しています。

全身を覆うことができて、ブランケットよりもしっかりと暖かさを感じることができるので非常におすすめです。

以上、今回はKingCamp(キングキャンプ)ダウンブランケットを実際に使用した様子と感想を紹介いたしました。

コンパクトかつ軽量で、非常に暖かく、使い勝手も良い製品なので、個人的には非常におすすめです。

アウトドアシーンでの使用はもちろんのこと、旅行や普段使いにもおすすめなので是非購入を検討してみてください。 

インスタフォロワー様限定の500円クーポンと毎週厳選4アイテム10%OFFキャンペーン実施しております。よければ是非公式インスタをフォローしてください!!

  

キングキャンプジャパン(@kingcamp_jp_official) • Instagram写真と動画